2019.03.31

2回目の参加となるこちらでのライブペイント。

前回に比べだいぶリラックスしながら描くことができました。

普段デジタルで創るときは、「何を描くのか」ということを重要視するのですが、

即興で描く場合はモチーフは決めず、
音楽や会話、お酒のある空間だからできる衝動を大切にしています。

はじめに何を描くか決めないことで、一本一本の線がよりクリアで良い線になる気がします。

お客さんが横から入って描いて行った落書きもそれはそれで
作品の一部でいいなと思っています。
人によってはキレると思いますが笑

音楽のジャンルだったり、客層だったり、盛り上がり方と合わせて、
その時の状況じゃないとできないものを描きたいと思っています。

今回はこの大きなドローイングを、改めて編集して別の作品を作りたいと思いました。

その瞬間が詰まった線、破れた紙の輪郭、こぼれた飲み物のシミ。
それをトレースして、刺繍したら、シルクスクリーンで刷ってみたらどうなるんだろう?

商業デザイナーやDTPオペーレータとしての経験からでしょうか。
どんなテイストにでもなれる自分同士が
がコラボすることが最近とても面白いと思います。

これまでの経験をブランクと考えず、その経験があったからこそできる作品を作りたいですね。

2019.01.31

2019年1月26日(土)〜2月3日(日)

●営業時間:13:00〜19:00 ●日曜は17:00まで
●休業日:1月29(火)・30(水)

【場所】 ART COCKTAIL 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北1-1 久徳ビル2F

グラフィックデザイナーHARUHARUの初の個展です。これまでに制作したポスター、スリップマット、シルクスクリーンの作品に加え台湾で制作した作品を発表します。 台湾の夜のネオン、霧峰の風、サボテンと春联、2ヶ月間の台湾生活を経て、一層新しくなったHaruharuの世界をお楽しみください。

2017.12.05


嬉しいお誘いにのって、11月末にライブペイントをやってきた!

そもそもライブペイントって何?というとこからはじまり、
直前まで何描こう…デジタルでやるか?
と悩んでいたんだけど

描くものを決めて、壁に向かって黙々と描いてる…
のはなんか違うかな?と思い

「何も決めない」ということだけ決めて向かった。

結果!!
会場についたらテーマは山のようにあるし
自然と手を動かすことができた。

注目してほしいので
一手一手、画面が変化するような描き方をした。

DJの似顔絵を書いてく!
というというのもよかった。

DJのお客さんも喜んでくれたしね!
最後のほうはみんな
「似てる〜!特徴をとらえている!」と喜んでくれた。

踊ってるお客さんのこぼしたお酒もほら、いい感じ。

反省点はいろいろありすぎるけど
こういうアウトプットは自分に合っているのかも。

何よりそこにいる人たちが喜んでみてくれたのが嬉しかった。

コマンドzに慣れすぎていてはダメだ!
この日以来、実はかなり一発描きの練習をやっている。



またやりたいしお誘いこないかな!