2020.06.21

Shopに新商品を2点追加しました!
龍龍シリーズのTシャツとハットです。

今回もまた刺繍加工にしました。
やっぱり、刺繍だとプリントよりも発色や凹凸具合に変化があっていいなぁ・・・。

何回も失敗を繰り返し、やっと商品にすることができました!
よかったらのぞいてみてください!

晴晴Shop

2020.03.29

東急百貨店主催の壁画制作企画「#東横デパート壁ドーン」の制作アーティストとして選出いただき、
約2m×6mのめちゃくちゃデカい壁画を制作させていただきました。

応募時にどんな壁画を描こうかと考えた時から、渋谷のことを思い出すと必ず夜の景色が浮かびました。
以前はよく渋谷で朝まで遊んでいて、そのとき感じた渋谷の自由さや異次元感を壁画にしたいと考えていました。

制作日初日はあまり手を動かさずに渋谷の街を歩いてみたりしていたのですが、
街のいたるところにすごい枚数のキャンペーンポスターを見つけました。(メインビジュアルのイラストが本当に可愛い!!)

普段はパソコンでちまちまとグラフィックを作ることが多いのですが、壁に向かったら不思議と筆がバシバシ動き、大学時代に大きな絵をたくさん描いていたことを思い出しました。


title しぶやのしくみ

私にとって渋谷の夜はみんな自由でめちゃくちゃですが、
大きな宇宙船に乗ってどこかに向かってるような変な一体感があるような街でした。
私の体験してきた渋谷のキラキラした思い出を、 遊泳する自分のキャラクター達で表現しています。

百貨店の方々、campのみなさま、毎日気にかけてくださりありがとうございました。
これからどうなるんだろう、楽しみにしているよと声をかけていただけたことがモチベーションになりました。
また貴重なマスクやお菓子や飲み物を差し入れしていただきありがとうございました。

これまでにない筋肉痛と腰痛の中、無事に完成することができました。
応援してくださったみなさまありがとうございます。

9月13日(日)まで展示しています。もし渋谷駅にお越しの際は立ち寄って観ていただけたら嬉しいです。

————
#東横デパート壁ドーン
3月31日に営業を終了する東急百貨店東横店。 東横デパート最後のクロージングプロジェクトとして、昭和29年から東横デパートを支えてきた 西館階段の壁に8名のアーティスト達による壁画制作企画を実施いたします。
壁画のテーマは「SHIBUYA」。 8名のアーティスト達の手で表現される、いままでの渋谷、そしてこれからの渋谷を 階段の壁へ壁画制作することで、東横デパートの想いを未来へ繋げていきます。

実施期間中は渋谷駅・東横店公式SNSでの連携も予定しております。 詳細は、公式Twitter(@TOKYU_DEPT_ty)にてお知らせいたします。ぜひご覧ください。

実施概要
展示期間:3月21日(土)〜9月13日(日)
制作期間:3月14日(土)~20日(金)
展示及び制作時間:11時00分~21時00分
会場:渋谷駅・東急東横店 西館6号階段 3~9階 東京都渋谷区渋谷2-24-1
公式URL https://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/kabedooon/

こちらの記事でもご紹介いただいてます!
https://note.com/campinc/n/n3ce278f24394

2020.01.25

去年のunknonasiaでのご縁がきっかけで、
阪急うめだ本店【Souqイラスト百貨展】に参加させていただけることになりました!

私はグッズや作品の販売と似顔絵屋さんをさせていただきます。
台湾以来の似顔絵屋さん…今回はアブストラクト度強めでいこうと思います。
晴晴老師に似顔絵を描いてもらえるチャンス!!是非お気軽にお越し下さい☺️
似顔絵屋さんは2月1日のみの開催です。

—-似顔絵屋さん—-
SOUQイラスト百貨展 Haruharu式abstract似顔絵
2月1日(土)
13:00~18:00
詳しくはこちら

——————-
東京・台湾を中心とする、60作家のイラストが集まる企画展「SOUQイラスト百貨展」が、いよいよ再来週1月29日(水)〜2月4日(火)、阪急うめだ本店にて開催いたします。

“イラストと暮らすきっかけをつくる”をテーマにした今回のイベントでは、さまざまなイラストレーターさんの原画はもちろん、ふだんの生活のなかで使える雑貨やファッションアイテム、ZINEや作品集のほか、バレンタインに向けた限定お菓子が賑やかに並びます。さらに週末には、15組の作家による似顔絵企画やシルクスクリーン体験などのワークショップも!

イラスト鑑賞、ワークショップ体験、お気に入りの雑貨を見つける、という3つの楽しみ方から、大好きなイラストレーターに出会えるかも!? 阪急うめだの文化発信基地「SOUQ」を舞台に、さまざま切り口でイラストを自由に楽しめる、もりだくさんな1週間です。ぜひお見逃しなく。

——————————————
【SOUQイラスト百貨展】開催概要

日程:2020年1月29日(水)〜2020年2月4日(火)
時間:10:00〜20:00 
   ※金、土曜日は21時まで
   ※最終日は午後5時終了
場所:阪急うめだ本店 10階 中央街区パーク
——————————————

・出展者一覧

Ayumi Kubota
安藤晶子+きくちゆみこ+三河史尭
安藤智
いとうひでみ
牛久保雅美
うそみたいなコップ
角裕美
Canako Inoue
くらちなつき
ことりちゃん
SUEKKOLIONS©
SHOKO TAKAHASHI
ZUCK
SENDA HANA
socksappeal × MOGU TAKAHASHI
CHOCO ARITA
Tact Sato
タナカノゾミ
玉川 桜
玉川ノンちゃん
トグチナオ
辰巳菜穂
土屋まどか
ナガノチサト
中村 桃子⠀
norahi
ニシワキタダシ
橋本太郎
はるちゃん雑貨
槇田商店・Stig Lindberg
matsuda natsuru
松本セイジ
MANAMI SAKURAI
宮下和
Haruharu
hoshi mitsuki
Mogu Takahashi
もろはしたくみ
山中正大
yamyam KIKAKU
Redfish
レトロ印刷JAM

<書籍>
玄光社『illustration』編集部
SUNNY BOY BOOKS
大福書林
ニジノ絵本屋

<お菓子>
USHIOCHOCOLATL
デ カルネロ カステ

<台湾出展>
Aikoberry
Wei Hsuan
蔡昀儒 Alina Tsai
Chicaca What What
Zhong Xian
Nomii R. | 綿花事務所
Paixpro
Harper Kuo
紅林 Hori b Goode
慢手 SlowSoul
三猫俱楽部
Miyabi Shuu

※イベント内容は予告なく変更・終了する場合があります。予めご了承ください。

2019.10.03

よしもと新喜劇60周年記念
『Mr.オクレと60人のアーティスト展』に参加しています!
フライヤーが届いてびっくり!お面になってる😹😹😹


今年、よしもとが大阪なんばにオープンさせたラフ&ピースアートギャラリーに
Mr.オクレさんをモチーフにした作品が60点も集まります。
こんなに沢山の素晴らしいアーティストたちとご一緒できるなんて
夢のようです。どんな作品が集まるのか私も楽しみでしょうがない!

🗓2019.10/11〜10/31
⏰13:00〜18:00 ※火、水定休
📍吉本本館1F
LAUGH&PEACE ART GALLERY 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前3-15
ラフ&ピースアートギャラリーWebsite

[ 招待作家 ]
伊藤桂司・サイトウユウスケ・澁谷忠臣・チアキコハラ・千原徹也・ヒロ杉山

[ ASITA_ROOM recommend ]
カズ・オオモリ・小澄源太・田中健太郎・二宮佐和子・木葉絢子・イハラナツミ・Apsu shusei・河野ルル

[ 企画・ART DIRECTION ]
大垣ガク

秋元机・浅間明日美・アストロ温泉・池田孝友・石田由 ishida:yu・イタクラタツキ・いとうひでみ・井上たつや(Qlipper’s)・上田バロン(FR/LAME MONGER)・urisaka chinatsu・奥本宏幸・長村マリン・かずはりんぬ・片山さあ・KAREzMad・河崎ヒデオス・岸田めぐみ・キタイシンイチロウ(DEVILROBOTS)・黒木渉・黒田明寛・小島和人ハモニズム・ゴトウヨシタカ・坂口拓・下原亜矢・下村優介・鈴木信輔・そうましょう・峠田充謙・滝本章雄・竹内真二郎(TOMBO INC.)・竹広信吾(株式会社STRiPES)・谷口美郷・谷村隆裕・亭島和洋・denden(DENBAK-FANO DESIGN)・中島尚志・西田宜史・ニッパシヨシミツ・野村昌彦・橋本真吾・秦まりの・ハブチユウスケ・HARUHARU・日座裕介・平井豊果・福島加恵・福森正紀(Three&Co.)・藤井桜子・ヘロシナキャメラ・ベイブひかり・ほそかわなつき(NATSUKI HOSOKAWA DESIGN)・堀としかず・堀陽輔(Yosuke ”cover” Hori)・まえだたかし(NASU Co., Ltd.)・MAKO・ますもとさとし・松尾聡(株式会社人間)・ミズノマサミ・UMMM・モリスン・安田勤・安田友里加・柳澤ももこ・横井聖・ヨシ中谷・吉田貴紀・喜田周作(BYTHREE inc.)・らむね 岡・Redfish・ロケット・ジャック(RJ Graphics)・脇田紘之(Three&Co.)・わんぱく中年とのまる

2019.08.04

Unknown Asia 2019に出展します。

アジア10カ国以上からクリエイターが集まり、さまざまなジャンルの作品を一堂にご覧いただける新しいアートフェアです。

今年の個展で発表した作品をさらにブラッシュアップしたもの、
新作を何点か出展するつもりです。

ぜひお越しください。よろしくお願いします。

詳細はこちらからご確認ください
https://unknownasia.net/

2019.03.31

2回目の参加となるこちらでのライブペイント。

前回に比べだいぶリラックスしながら描くことができました。

普段デジタルで創るときは、「何を描くのか」ということを重要視するのですが、

即興で描く場合はモチーフは決めず、
音楽や会話、お酒のある空間だからできる衝動を大切にしています。

はじめに何を描くか決めないことで、一本一本の線がよりクリアで良い線になる気がします。

お客さんが横から入って描いて行った落書きもそれはそれで
作品の一部でいいなと思っています。
人によってはキレると思いますが笑

音楽のジャンルだったり、客層だったり、盛り上がり方と合わせて、
その時の状況じゃないとできないものを描きたいと思っています。

今回はこの大きなドローイングを、改めて編集して別の作品を作りたいと思いました。

その瞬間が詰まった線、破れた紙の輪郭、こぼれた飲み物のシミ。
それをトレースして、刺繍したら、シルクスクリーンで刷ってみたらどうなるんだろう?

商業デザイナーやDTPオペーレータとしての経験からでしょうか。
どんなテイストにでもなれる自分同士が
がコラボすることが最近とても面白いと思います。

これまでの経験をブランクと考えず、その経験があったからこそできる作品を作りたいですね。

2019.03.05

もうあと少しで今回のお話は完結です!
↓物語の一部を紹介します。もっと前から読みたい方は是非インスタグラムを見てください。

2019.01.31

2019年1月26日(土)〜2月3日(日)

●営業時間:13:00〜19:00 ●日曜は17:00まで
●休業日:1月29(火)・30(水)

【場所】 ART COCKTAIL 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北1-1 久徳ビル2F

グラフィックデザイナーHARUHARUの初の個展です。これまでに制作したポスター、スリップマット、シルクスクリーンの作品に加え台湾で制作した作品を発表します。 台湾の夜のネオン、霧峰の風、サボテンと春联、2ヶ月間の台湾生活を経て、一層新しくなったHaruharuの世界をお楽しみください。

2019.01.06

いよいよ当日。
台北駅から30分くらい地下鉄に乗って新店という駅からさらにバスで15分。
会場付近はトトロがいそうな山の中でした。(でも植物は南国)

自然に囲まれた山の中なのに寒暖差もなく、日本では体感したことのない心地の良い気候でした。
これ、11月の山の中ですよ。真夏みたいな日差しなのに秋の風が吹いていました。

スタッフの人に挨拶をすると
「ああ晴晴朋友咖啡さんね!」と言って私のブースに案内してくれました。

じゃん♪設営完了!台中で買ったフルーツの提灯が効いてます。

ダメ元で「我可以卖酒吗?(お酒の販売をしてもいいですか?)」
と聞いてみると「可以!除了啤酒(ビール以外ならいいよ)」との返事が!
すごい!自由!当日になりこのタイミングでお酒も売ることにしました。

早速、何人かの人が私のグッズに興味を持ってくれていました。

初日から買ってくれる人もちらほら。
しかし友達でもなんでもない初対面の人の、しかも外国人の物を買ってくれるってよく考えたらすごいこと。
見てくれるだけでも嬉しいしと思って、思い切って追加でグッズを作りにいって本当に良かった。
これらがあったおかげで、ブースを覗きに来てくれるお客さんが増え、拙い中国語だけど仕事やデザインの話をすることができました。
ポートフォリオも持ってきといて良かった〜。
(外国に行く時は絶対ポートフォリオあると良い!ビジュアルほど伝わるものってない)


↑ポートフォリオを見てくれたお兄さんたち。君はなんでフランスに行かないの?と聞かれ、何も答えられなかった。

似顔絵は一人描き始めたら、「つぎはあなた描いてもらいなよ」と
その友達から友達、、、と芋づる式に次々と人が来てくれた光景を覚えています!

だいたい一人15分〜20分くらいで描き上げました。


↑クールめをご希望の彼

そして行きのバスの中で作ったこちらの顔カスタマイズメニューが大活躍しました。
このメニューは台湾で人気のお茶屋さん「50嵐」にインスピレーションを受けて作りました。お茶の甘さや氷の量を選べる仕様を真似してキュートさや、抽象度を選べるといったものです。


↑顔カスタマイズメニューが大活躍。

「50嵐」が身近にある台湾の人たちはこのメニュー表を見ただけですぐに理解し、喜んでくれていました。

描き描き♪

描き描き♪

描き描き♪

2日間で15人くらいの似顔絵を描かせていただきました。
大好きな台湾でやれたということがひとつ自信になったし、
なんと言っても他のブースのクリエイターやお客さんと繋がれたことが一番の収穫でした。さらに腕を磨いてみんなにもっと喜んでもらえるようになりたい。
記念すべき「晴晴朋友咖啡」の誕生に乾杯!!

今月の1月26~2月3日まで大阪で個展をします。
隙あらばまた似顔絵屋さんやれないかな?と思っています。来てね★

2019.01.05

台湾のアートインレジデンスに参加してたはずのH.Hでしたが、
実は直前でアートプログラムがなくなってしまうという事件が起きていました。

しかしその時点で航空券も用意され、自分のスケジュールも完全に調整してあったこともあり、どうしても台湾行きを諦めきれなかった私。
交渉してみると「アートプログラムはないけど2ヶ月間滞在だけならしてもいいよ」ということだったので、
語学の勉強もかねて滞在してみるかぁ!ということで台湾へ行くことにしました。

↑台中で私が滞在させてもらっていた寮

↑部屋

そんなこんなで、そこで今まで通り日本のデザインの仕事を請負つつ台湾で生活していると、「台北の音楽フェスで手作り品ブースの出店者を募集しているよ」という情報をいただきました。
ブースの出店料も特になかったし、面白そうな雰囲気だったので応募してみたところあっさり通過。
通過したはいいけど何を売ろうかな〜と考えていました。
この時点で、フェス開催の1週間前。

とりあえず日本にあった数少ないグッズを送ってもらいつつ
(日本から台湾までEMS2~3日)
台北のレトロ印刷に行って、シルクスクリーンでサコッシュやバッグを作ったりしました。

↑レトロ印刷入り口。スタッフの人はみんな日本語が完璧

しかしそんなに大量につくる訳にもいかず。。。

そんな時に思いついたのが「そうだ似顔絵屋さんをやろう💡」
昔から似顔絵には自信があったし、何と言ってもこの国の人たちは似顔絵やイラスト大好き!
街中でもよく似顔絵に群がってる人たちを見かけていました。
ついでに似顔絵描かせてもらっているあいだ、コーヒーも一緒に売ったらいいんじゃない??

早速、運営のLINEグループに
「我可以卖食物和饮料吗?(飲食物の販売をしてもいいですか?)」
と聞いてみると、、、
「都可以(OK)」との返事が!
まじか!なかなかゆるいとは聞いていたけど日本との違いにびっくり。いやいや、良いことです。

早速スケッチブックとインスタントコーヒーと電気ケトルをつめこんで準備完了!
全て中国語でちゃんと内容を理解できているのか不安はありましたが、
まあ行けばなんとかなるでしょうという気持ちもありました。

お店の名前は「ハルハルフレンズカフェ」をそのまま中国語にして「晴晴朋友咖啡」としました。

続く