2018.11.20

霧峰光復新村市場をご紹介

News

私の寮から徒歩5分「霧峰光復新村市場」をご紹介します。
この辺一帯は、午前中は朝市、夜は食堂へと変化する不思議な場所です。

だいたい朝の6時くらいからお店が並び始めます。
野良犬たちも餌を探して店から店へうろうろしています。

この辺では野良犬を多く見かけます。コンビニにも入ってきました。
最初はびっくりしましたがもう慣れました。

取れ立ての野菜。なすが長くて艶やか!
1片は台湾や中国で使用する単位で、500gのこと。
なので、ここだと野菜は500gで30台湾ドルなので約100円ですね。安い!

ほうれん草、みつば、せり、ねぎ、空芯菜、見たことの葉っぱたち。

その場で捌いた肉も売っています。
この辺の食堂の人が仕入れに来たりしているのでしょうか。


バナナ、りんご、キウイ、ぶどう、ここは日本のスーパーみたいな品揃え。


魚屋さん。子供が楽しそうに魚で遊んでます。


苗屋さん。トラックの頭を布で隠して屋台感をなくそうとしています。




見たことのないフルーツがぶら下がっているのを発見。じろじろ見ていたらおじさんが
「食べたことないの?一個食べてみなよ、おいしいよ!」
と言ってカマで切れ目を入れてくれました。

ちょっと切れ目を入れただけですっごく甘いいい匂いがしました。

パカ!中からつぶつぶがでてきてびっくり。
スプーンで救って食べてみたらめっちゃ美味しい!!

のちにこれがあの「パッションフルーツ」だということを知ります。

ガムや、ジュースの味なんかで見かけるパッションフルーツ。まさかこんな姿形をしていたなんて。

こちらは1片お買い上げしていましました。
40元。


今は11月の後半。まだまだ陽射しがきつく昼は歩いているを汗をかきます。
こんな場所にも寒い冬がくるのでしょうか。


BackNext